戦場FIST『野火』

『野火』をAmazonプライムにて鑑賞。
f:id:katokitiz:20181115191646j:plain
何の情報もなく、Amazonプライムにあったから観たくらいだったのだが(そもそも戦争映画が嫌いというものある)、画面を覆い尽くす監督の執念みたいなものに圧倒された。観たあとに調べたら、製作にまつわる超絶な紆余曲折と母の介護問題、さらに役作りのための減量も含めて、ホントに塚本晋也執念の企画だったことがわかり、ちゃんとそういうものは映像に刻印されるものなんだなと改めて映画のマジックに感動した。執念を越した狂気のようなものまで映画の内容と共に浮かび上がってきた感じだ。

圧倒的な制作費のなさで、主役を自ら演じ、衣装やら小道具などすべて自前で、護送車はダンボール、ヘルメットは発泡スチロール、銃器は木を削って作った。脚本を書いたあと、シーンを解体して、どこにお金をかけるべきなのかを熟考し、ボランティアスタッフの面接では「借りた衣装は1着しかないが、あなたはこれをどうやって増やしますか?」と実践的なお題を与え、それにしっかり答えられた者を採用。伍長役の中村達也も現場でスタッフにアドバイスするなど、世界の塚本と呼ばれる人でさえ、このような製作体制だったことに驚く。中小企業が知恵を絞ってひとつのプロジェクトを遂行させるようなそんな話である。元々完全自主体制で映画を作っていたとはいえ『野火』という題材でこれをやるというのは確かに無謀なことのようにも思えた。

しかし、本編を観ると、超超低予算であることなど微塵も感じさせない。圧倒的な映像体験がそこにある。敗戦濃厚のなか、フィリピンから飢餓状態で敗走するという内容がちょうどサイズ的にあっていたのだと思う。「映像から戦場の匂いも感じられる」という感想があったが、まさにそんな感じ。話も途中からいきなりはじまって、ブツっと終わるので、まさに戦場に投げ込まれたようなそんな感覚が全編に通じてあったし、戦争体験者からの取材もかなり参考にしているのではないかなと思った。

特に驚かされたのは出演者三人の演技だ。映画に出演経験があるとはいえ中村達也はミュージシャンだし、いまや日本映画に欠かせないリリー・フランキー、そして塚本晋也も役者が本業ではない。なのにもかかわらず、あれだけの極限の演技をそれぞれがしてしまうと、役者とはなんだろう?はたまた製作体制もふくめて映画とはなんだろう?と改めて考えさせられる。できあがってしまって、それを観客が観るときは映ってるものがすべてなので、その裏側なんてどうでもいいことなのだろうが、その人間としての一線を越えてくるような内容も含め、なにもかもが他の映画とは一線を画しているため、ちょっと映画ではない何かを観ているような……そういった気分にもさせられた。

『野火』という有名な原作で一度映画化されたものの再映像化ということだが、基本的に「閉塞的な都会で肉体を変貌させた男が狂気に取り憑かれてさまよい歩く」という映画を撮り続けた塚本晋也にとって、その都会がジャングルに、肉体は痩せ細るという変貌になっただけで実のところ『TOKYO FIST』や『バレット・バレイ』とさほど変わらない。なんなら『戦場 FIST』なんていいかたもできるくらいで、塚本晋也ファンにとっては原点回帰でもあり、集大成的な作品にもなっている。すべてを観ているわけではないが、最高傑作といっても差し支えないかもしれない。おすすめだ。

野火 [Blu-ray]

野火 [Blu-ray]

野火 [DVD]

野火 [DVD]

ザック・スナイダーしてやったり『東京無国籍少女』

『東京無国籍少女』をAmazonプライムにて鑑賞。
f:id:katokitiz:20181113202505j:plain
制服を着た女子高生が血まみれになりながら戦うアニメ『BLOOD THE LAST VAMPIRE』の制作に携わっていた押井守が、まったく同じコンセプトを使った短編映画を観て「これは俺が長編として作る」と思い映画化にこぎ着けた。

ザック・スナイダーの『エンジェル ウォーズ』もそういうコンセプトからの影響だと思うのだが、なんと今作は奇しくもそれに対する日本からの……というか押井守からの解答が出たという感じ。ややネタバレになるんだけど、構成は一緒でザック・スナイダーとしてはしてやったりといった具合だろう。

ただ『エンジェル ウォーズ』と同じ構造を持つ作品でありながら、今作が決定的に違うのは、それがしっかり押井守の作家映画になっていたということである。というかやっぱりこの人、『うる星やつら』にしても『パトレイバー』にしても終始一貫してる哲学というか、押井守であることがわかる刻印みたいなものがあるなと再認識した。

主人公である謎の女子高生は、とある理由で普通の生活に馴染めなくなっている。なぜか同級生にイジメられ、担任の先生はそれを見て見ぬ振りし、もっといえば担任にもイジメられるなど、誰がどう見ても理不尽な状況であり、それによって彼女の居場所は学園にはない。彼女がいるべき場所、彼女が帰るべき場所、彼女が輝ける場所が実は別にあり、それこそが……というのがラストで明かされるという展開。ここが『エンジェル ウォーズ』とは違うんだけど、言ってしまえば『アヴァロン』とか『スカイクロラ』とテーマは同じ。押井守の感覚として、それまで仮想世界で済まされていたことがいよいよ現実になっていて、すぐそこまで迫っている………と、まぁそういうことである。

主演は園子温に見出された清野菜名。観る前からいろんなところで出ていたように、クライマックスでロシア兵をバッタバッタと皆殺しにするのだが、押井守の「アクションではなく急所を切り裂く殺戮がみたい」という要望に見事な身体能力と殺気ある表情で応えた。もちろんアクション監督としてクレジットされている園村健介の功績も大きく、恐らく武田梨奈はこのアクションシーンに嫉妬しているはずである。清野菜名の目標は「ミラ・ジョヴォヴィッチと『バイオハザード』シリーズで共演する!しかもポール・W・S・アンダーソン監督で!」とのことだが、あながちそれが届かない夢でないことがこのクライマックスを観るとよくわかるくらいホントにホントに素晴らしい。

押井守独特の小難しい映画にも思えるだろうが、ある意味「なめてた女子高生が実は殺人マシンでした」というギンティ小林氏が定義付けたジャンルにも当てはまるのでそういう『イコライザー』的な映画が好きな人にとっても、押井守ファンとしてもおすすめ……いや、ごめん、後者じゃないと無理かも。前半は退屈でもあるし。




別に映画観ねぇよ、どういう話か教えろよという人のためにネタバレ



主人公は戦争に駆り出された兵士であり、負傷し、ベッドで昏睡状態であったことがラストで明かされる。つまり冒頭の学園生活はすべて夢であり、彼女の無意識下のなかで「みんなが夢見ている普通の生活には戻れない。戦場で人を殺すことこそ私の生きる道であるんだ」と決意する。そのためのクライマックスの大立ち回りがあり、夢から覚めた彼女は医者の言葉を振り切って、またしても戦場に戻っていく。『アヴァロン』も『スカイクロラ』も戦争をテーマにしながらそれが現実ではないとしていたが、今作では日常が幻想であり、今までは幻想として描いていた戦争こそ現実だと帰結させた。戦争が身近になった今だからこそ戦争が現実でその戦争に生きるべしというちょっと“アレ”ないつもの押井節が炸裂する



ネタバレ終わり。



この映画はこの映画で大変おもしろく観たんだけど、実はこの後に塚本晋也の『野火』を観て、やっぱり押井守の戦争観はアホだろと思った。それはまた別の話。

東京無国籍少女 [DVD]

東京無国籍少女 [DVD]

爽快なノワール『紙の月』

『紙の月』鑑賞。Amazonプライムにあったのだが、以前BSで放送していたことを思い出し、BD-Rを引っ張りだして観た。
f:id:katokitiz:20181111202827j:plain
バブル崩壊後の1994年が舞台。銀行で働く一介の主婦がパートから派遣社員になり、微妙な夫婦関係のストレスから散財をしはじめる。ある日取引先で出会った大学生(取引相手の孫)と何度か駅ですれ違うようになり、互いを意識しはじめ、不倫関係に発展。彼は学費を借金していることが発覚し、そのせいで大学を辞めようと思うと打ち明けられると、その日に彼の祖父から預かったばかりの200万を思わず横領してしまう……というのがあらすじ。

『桐島、部活辞めるってよ』では「金曜日」を何度も描き、違う視点でそれぞれの物語を演出した吉田大八監督だが、今作では一直線の物語に何重ものレイヤーを敷いたことで、頭から最後まで複数回の鑑賞に耐えうるという手腕を発揮。宮沢りえ演じる主婦が横領を繰り返し、散財の限りを尽くした結果、最終的に堕ちていくというノワールでありながら悲劇性を極力カット。故にある種の痛快な娯楽作へと昇華させることにも成功している。完璧なキャスティングによる完璧な演技のアンサンブルに、なにひとつセリフで説明しない演出、心臓の鼓動をEDMに変換したような音楽にラストのヴェルヴェット・アンダーグラウンドの使い方まで抜かりがない。ノワール、サスペンス、ホラー、メロドラマをうまい具合に分配し、現時点で完璧な邦画のひとつに仕上がったと言い切っていい大傑作。

それぞれ観た人の立場や環境、年代などで見方が変わるように作られているので、当然いろんな感想が出回っていて、そのどれもがまるで違うのがおもしろく、例えばいずむくん(@ismuubii)なんかは「宮沢りえがイキイキしてるときは必ず右側にいて、立場がやばくなると左にいる」という部分だけで論じるというスゴ技も披露していたが、ぼくは宮沢りえの物語というよりも三人の女性の生き方について描かれているんだなと思った。



※ここから読んでも問題ないと思いますが、ややネタバレ



プロとしてなにひとつミスをせず絶対的な仕事を遂行する小林聡美と、不倫はおろか、その不倫相手である上司の不正の手伝いまで平然と行う大島優子のふたりは宮沢りえにとっての“天使”と“悪魔”の象徴として描かれているものの、彼女たちの行末は宮沢りえのそれとはまるで違っているので、象徴というよりかはまったく別な人間、人物として扱われていることがわかる。

前者のミスをせずに仕事をするという部分は結局、横領の行為そのものにスライドするし、宮沢りえの不倫相手は当然不正はおろか彼女からの支援を断り続けてきた好青年なのだ。大島優子は「いままでの言葉と行動はなんだったの?」というくらいしれーっと退場し、小林聡美はみんなが思ったことに反する行動を取ることにより、主人公はおろか、観客をある意味で裏切るという展開。映画は「私が行くべき場所に行く」という言葉で帰結するが、まさにそれこそがテーマなんだなと強く印象に残った。



※ネタバレ終了



先ほども書いたようにぼくが書いたことはあくまで映画の一側面にしかすぎず、様々な見方が可能な作りになっているので、何度も観ることをおすすめしたい。Amazonプライムにもあるし。あと池松壮亮くんがセックスしてます。

はきだめの男女『愛の渦』

『愛の渦』をAmazonプライムにて鑑賞。
f:id:katokitiz:20181109220917j:plain
今作は乱交場を提供する風俗店に集まってきた強力な性欲を持つ男女8人の物語。とはいえ、それぞれのバックグラウンドが語られることなく、ひとつの部屋のなかという限定された空間だけで映画は進む。元は舞台劇だったらしく、その演出家でもあった三浦大輔が監督した。

いきなりだが、かなりおもしろかった。セックスを主題にした映画で一番笑ったかもしれない。ラース・フォン・トリアーの『ニンフォマニアック』もそうだったが、そもそも映画において生まじめな顔して性を扱うほどバカバカしいことなんてないと思っている。そのあたりキューブリックはよくわかっていて『ロリータ』も『アイズ・ワイド・シャット』もそのように撮られているし、作った本人はどうかわからないけど『愛のコリーダ』も『ラストタンゴ・イン・パリ』もどこか滑稽な人間たちへのまなざしがカメラの反対側にあった。コーエン兄弟が「神の視点で人間を小バカにしてる」と批判されてるが、あの感じがセクシャルなことを扱った映画には多い気がする。

冒頭、目的がなんなのかわかってるにも関わらず、半裸状態でどうやって本題に入ったらいいかドギマギしながら、あーだこーだとどうでもいい話をぎこちない間とテンポで話し続けるのだが、ここだけでニヤニヤが止まらず、この段階で「バコバコバスツアーみたいなものは所詮ファンタジーにすぎない」という所信表明をする。

徐々に緊張がなくなり、ことに及ぶとここから8人の態度に変化が訪れる。人間、ひとつの欲を満たしたところで満足いくわけもなく、その上の欲に駆られ、金を払ってるという大義名分から徐々に本性が明らかになっていくというのがある種のクライマックスなのだが、この段階でセックスシーン目当てで観に来た客に冷や水をぶっかけてくるわけである。というかそれ目当てで観ると結構喰らう可能性すらある。

物語自体を乱暴に要約すると「素性も知らない人たちがひとつの目的のために狭い空間に集まり、その目的を達成したあとで罵りあう」ということになるが、これはタランティーノの『レザボア・ドッグス』であり、それから内通者と死人を取っ払った作品だと言い切っていいかもしれない。

出てる役者たち全員拍手を送りたいくらいの名演技連発で、デブの童貞や普通のおっさん、ちょっとやんちゃなダメ男、そこそこのルックス、かわいくてナイスバディ、常連のアラフォーとそれぞれわかりやすいポジションを担わされてることにもご同情申し上げますといった感じだが、ちゃんと監督の意図を汲み取って演じているのがよくわかる。

もはや日本で一番セックス演技がうまい池松壮亮はさすがといった具合だが、この作品でブレイクした門脇麦の地味な女子大生の演技があからさますぎて惜しい。まぁ、そこからの激しすぎるセックスシーンとの緩急を付けるためだったのかもしれないが(とはいえ、カットが変わった瞬間に誰よりも声をだして喘ぎながら騎乗位するシーンで爆笑してしまったのだけれど)。

一応、最後の最後で気持ち良いくらいのオチが待っているのだが、ここでさらに観客に冷水をぶっかけてくるのもおもしろい。あれだけ本音だけじゃなく、身体をすべてさらしだしたとしても所詮、人間は他者とわかりあえない生き物なのである。

愛の渦 [Blu-ray]

愛の渦 [Blu-ray]

黒沢清の真骨頂『クリーピー 偽りの隣人』

クリーピー 偽りの隣人』をAmazonプライムにて鑑賞。しかし、映画のタイトルバックでは『クリーピー』表記なのに、なぜ公開されると山崎貴の映画のようなわけわからんサブタイトルがついているのか?まったく必要ない。
f:id:katokitiz:20181108194407j:plain
『CURE』からはじまり『回路』や『トウキョウソナタ』など、黒沢清は「例え家族だとしても人間は他者と決して繋がり合うことができず、それでいて孤独を恐れる生き物である」ということを繰り返し描いてきたが、今作『クリーピー』ではそのテーマの集大成ともいえる内容であり、そのものずばり家族と他者について“疑似家族”というガジェットをつかい紡いでいく。

冒頭から「この男、ノリノリである」といった具合で景気よく人がどんどこ死んでいき、中盤はそれをあえて見せないというシーンを作ることで恐怖を煽っていく。『CURE』以来のサイコホラーなのにもかかわらず、そのスケールは半径数メートルの間でおさまり、終末感はまるでなく、むしろ閉塞感と共に、とてもミニマムな仕上がり。

その恐怖を一手に担ったのが香川照之。『贖罪』もすばらしかったが、少々やりすぎるくらいのサイコパス演技が絶品であり、噛み合わない会話とみょうちくりんな敬語のコンボで「明らかにこいつおかしい……」と観る人全員に思わせることに成功。逆に『ニンゲン合格』以来、黒沢とタッグを組む西島秀俊は抑えに抑えた朴訥な演技で香川を迎え撃つ。徐々に精神が崩壊していく妻というのも『CURE』で登場させているが、今作ではその役を竹内結子が好演。「え?なんで急にそんなこと言い出すの?」と思ったところが前フリで、後半にそれが活きてくるという仕組みだ。

あえてだろうが、すべてを描かないため、一部キャラクターの考えてることや行動原理に納得がいかなかったりする部分もまぁあるし、ちょっといくらなんでも偶然がすぎやしないかと思わなくもない。もっといえばモデルにした「北九州監禁殺人事件」を映画がこえてくれないというのは致命的ともいえるが、その不確定な部分も含めて、楽しめること請け合いの作品。オレは『CURE』以来これを待っていた!と声を大にして言いたい傑作。